離婚して慰謝料を払うために銀行系カードローンを利用した(女性/40代)の体験談

妻から離婚届を突きつけられたのですが、原因は私の浮気にあったので、慰謝料を払うことで納得しました。現在は収入が安定はしていたのですが、持っているお金は少ないものでした。

 

妻は新生活をするためにすぐにお金が欲しいということで、どうしたら良いかと考えていたとき、銀行系のカードローンを知りました。大手の銀行がやっている銀行系のカードローンということで、安全なものと感じて申し込みをしました。

 

こちらのローン会社も銀行系ということで審査をするときにも簡単で、選択肢も多かったです。インターネットを使って審査をしたのですが、身分証と収入を証明する書類があれば良かったので手間もありませんでした。

 

必要な項目に記入して少し待つと審査が完了したというメールがきて、お金を借りることができました。このお金を使って妻と別れることができ、お互い新しい生活をすることができました。返済も毎月決まった日に返していて、問題なく完済することができました。

よくある質問

銀行カードローンの審査は厳しい?
消費者金融業者に比べて、銀行系のカードローンは審査が厳しいと言われていますが、一概には言えません。あくまでも申込条件は年齢と継続的な収入がある方となっています。つまり、消費者金融業者も銀行系も条件は同じです。アルバイトや派遣社員、自営業者であっても問題はありません。ただ、利用金額に関しては上限が厳しくなるケースがあります。正社員の方に比べて、アルバイトの方は限度額が少なめになるでしょう。ただ、審査そのものは問題ありません。

 

審査結果はそのように連絡がきますか?
お金が足りなくなった時に便利なカードローンの借入ですが、銀行系などの審査結果の連絡は、電話や郵送物で知らせる場合が多いです。しかし、家族や友人など周囲の人に知られず申込みたい場合は、自宅の電話ではなく本人の携帯電話や勤務先などへ連絡してもらう事も可能です。他にも、銀行系カードローンでは、申し込みから審査完了まですべてWeb上でやりとりし、電話も郵送物も一切送らない銀行があります。融資限度額は10万程度ですが、秘密の借入におすすめです。

 

インターネットで申し込みをした場合、その後の流れはどうしたらよいですか?
銀行系であっても消費者金融であっても、インターネット申込の手続きが終わったら、あとは待つだけです。その間には審査が行われますが、これも銀行系、消費者金融に関わらず、かなり迅速に行われます。カードローンの利用ができるのかどうか、結果はメールか電話で判明します。平日午前の申込であれば、ほとんどの場合は即日に完了します。審査に通過できれば、あとはATMからお金を引き出すだけです。とくに負担になるような作業はありません。