銀行系キャッシングの強みを知る

銀行系キャッシングは都市銀行や地方銀行、信用金庫などの金融機関が提供するローンで、専用のキャッシングカードを使って
ATMで借入れするタイプのほか、口座を有している金融機関のキャッシュカード一体型で利用できるタイプも用意されています。

 

銀行口座の出し入れをするのとは反対側をATMに挿入すると、キャッシングや返済ができる便利なカードです。

 

1枚で管理できるので、お財布の中でカードが増えずに済み、専用のキャッシングカードが発行されないので、
家族や友達、恋人や職場の人などに借入を気づかれる心配もありません。

 

銀行系キャッシングでキャッシュカードと一体化したタイプは、口座残高が不足した際に
自動的に貸付を行って公共料金等の引き落としに備えることもできます。

 

こうした口座への自動貸付やキャッシュカードが即キャッシングに使えるのは、
銀行系キャッシングならではの強みであり、メリットです。

 

銀行系キャッシングにはこれ以外にも強みがあり、その代表的な事柄が大口・低金利です。

 

預金の預け入れや国債受け入れ、為替介入などを行い資金力が豊富で、資産運用手段も豊富な銀行では、資金使途自由のキャッシングにおいても、最大1000万円といった大口の利用枠が用意されており、金利も10%を切る一桁台からの低金利が魅力です。

 

そのほかの強みとして、申し込み方法の簡便性やスピード審査も挙げられます。

 

一般的な銀行のローンが窓口での手続きが必要であるのに対して、キャッシングの場合は
インターネットやコールセンターのみでも手続きができ、来店不要です。

 

審査も最短30分とスピーディーで、平日15時以降であっても審査が行われており、
土日祝日も利用できるケースが多くなっています。